2018/12/30

2018年 : みんなのベストアルバム

TM Paint (THE-B-MART)

【今年良かったアルバム (又はEP) ベスト10】
01 : QUEEN - Bohemian Rhapsody (The Original Soundtrack) 
02 : FAT MUSIC FOR WRECKED PEOPLE -JAPAN 2018-
03 : MAD CADDIES - Punk Rocksteady
04 : The Interrupters - Fight The Good Fight
05 : Ken Yokoyama VS NAMBA69
06 : GOOD4NOTHING - THIS SONG'S TO MY FRIEND
07 : Dead to Me - Fear is the New Bliss
08 : ME FIRST AND THE GIMME GIMMES - SANTA BABY
09 : NOFX - RIBBED Live In a Dive
10 : Indipendent Label In Japan And Friends 2018 sampler

【来年の活躍に期待したい若手バンド1組】


【2019年の野望】
長いウォータースライダーをやりたい

*****

Takeshi Abe (Tornado)
http://trnd05.com/pc/
mail@trnd05.com

【今年良かったアルバム (又はEP) ベスト10】
01 : Satanic Surfers - Back from Hell
02 : Pennywise - Never Gonna Die
03 : The Interrupters - Fight the Good Night
04 : NOFX - Ribbed live in a dive
05 : Symphony of distruction - Horse
06 : MxPx - MxPx
07 : No Fun At All - Grit
08 : Nerdlinger - Happy place
09 : Reel Big Fish - Life sucks... Let's dance!

10 : Slightly Stupid - Everyday life,Everyday People

【来年の活躍に期待したい若手バンド1組】
Mexican Age (https://twitter.com/MEXICANAGE)


【2019年の野望】
2019年はEPをリリースしてツアーもまわる予定です!各地で乾杯できたら嬉しいです♪よろしくお願いします!


KAZUYASU (Mexican Age - Guitarist)
https://twitter.com/mexicanage

【今年良かったアルバム (又はEP) ベスト10】
01 : The Interrupters - Fight the Good Fight
02 : The All Brights - The White Album EP
03 : Pennywise - Never Gonna Die
04 : Adolescents - Crop-duster 
05 : Satanic Surfers - Back From Hell
06 : NO FUN AT ALL - Grit
07 : Nerdlinger - Happy place 
08 : Before Me - 立ち止まって休んだくらいで絶望は訪れない
09 : The Gaslight Anthem - The ’59 Sound Sessions
10 : MAD CADDIES - Punk Rocksteady

【来年の活躍に期待したい若手バンド1組】
TRUE FIGHT (https://truefightjp.bandcamp.com/album/demo2019)


【2019年の野望】
ライブやって曲作ってたくさん遊ぶ!


Tomohiro Ohga (waterweed)
www.waterweed.jp
info@waterweed.jp

【今年良かったアルバム (又はEP) ベスト10】
*順不同
PALM - TO LIVE IS TO DIE, TO DIE IS TO LIVE
FIVE NO RISK - Kite
bacho - 萌芽
Forever Unclean - Woof
Swear Jar - Swear Jar
Satanic Surfers - Back From Hell
Actionmen, Dead Neck - Defections (Split)
Nerdlinger - Happy Place
Fair Do's - Leopards
MEXICAN AGE - ParaMexico

【来年の活躍に期待したい若手バンド1組】
MIND STEP
試聴とか多分ないっす。TwitterでBELVEDEREのカヴァーしてるのを見ました。
大阪の若手。ライブ見てみたい。

【2019年の野望】
04. 春にアルバム出してツアーします。例年通りです。


BONE$ (Hollow Suns/Doggy Hood$/As We Let Go)
Hollow Suns (http://hollowsuns.com/)
Bon£$@MoN€¥(http://urx.red/OUAC)

【今年良かったアルバム (又はEP) ベスト10】
01 : TRAVIS SCOTT - ASTRO WORLD
02 : ASAP ROCKY - TESTING
03 : Saves The Day - 9
04 : Drake - Scorpion
05 : Big Jesus - Not a Dreamer
06 : J COLE - KOD
07 : Thrice - Palms
08 : Terror - Total Retaliation
09 : D33J - Infinity 33
10 : Playboi Carti - Die Lit

11位以降〜
WICCA FACE SPRINGS ETERNAL - Stop Torturing Me
Sheck Wes - Mud Boy
Candy - Good To Feel
Vacationer - Mindset
World's Fair - New Lows
Kids See Ghosts - S/T
Narrow Head - Satisfaction
CLAMS CASINO - 32 LEVELS
Fiddlehead - Springtime and Blind
Elder Brother - Stay Inside

【来年の活躍に期待したい若手バンド1組】
ONLY
https://noisey.vice.com/en_us/article/bj3vpd/only-talk-ep-exclusive-stream-noisey-hitlist-2018

【2019年の野望】
New Drummer、New Songs、New Videos、New Tours、New Projects、New WORLD
新しいことにどんどん挑戦していく年にしたいです。よろしくどうぞ!


CUBE (Music Revolution礎-ISHIZUE-)
*添付写真撮影者:TAKA@tictac-works
礎web shopページ: http://ishizue-music.shop-pro.jp/
Twitter: http://twitter.com/ishizue
Facebook: http://www.facebook.com/ishizueOsaka
Instagram: http://www.instagram.com/ishizue_music
LINE @: https://line.me/R/ti/p/%40igd6033x
連絡先 (メールアドレス) : info@ishizue-music.com

【今年良かったアルバム (又はEP) ベスト10】
*順不同
01. Sylar - Seaons
02. Time, The Valuator – How Fleeting, How Fragile
03. Underoath – Erase Me
04. Landmvrks - Fantasy
05. Architects – Holy Hell
06. Taken – With Regard To
07. Hopesfall - arbiter
08. PALM – To Live Is To Die, To Die Is To Live
09. Jesus Piece – Only Self
10. Turn Stile – Time & Space

【来年の活躍に期待したい若手バンド1組】
Savage Hands (USポストハードコア、Sharptone所属)


2018年リリースのミニアルバムBarely Alive収録曲
*RED
https://youtu.be/RDqhrDlf_F4

*Unconditional
https://youtu.be/m6BGkmiWIK0

Live動画(ライブ自体はまだ荒削りですが)
https://youtu.be/SG3A7TgskQ0

【2019年の野望】
いわゆるサブスクリプションサービス等に代表されるようなデジタル化のトレンドがありそこに利便性を感じるのはもちろんですが、それでもCDやVinylといった音源をフィジカルで所有する良さはずっと存在しているはずなので、来年も変わらずにその良さやいい音、そして知らなかった音と出会うワクワクなんかを大阪・アメ村から発信していければいいなと思っています。


HIRO (LASTEND)
http://lastend-web.com
lastendjapan@gmail.com

【今年良かったアルバム (又はEP) ベスト10】
*順不同

Main Line 10 - The Fox
Scott Sellers - The judge
Like Pacific - In Spite of Me
Direct Hit! - Crown Of Nothing
Trophy Eyes - American Dream
Down Memory Lane - Release
Forever Unclean - Woof
Counterparts - Private Room
New Found Glory - Make Me Sick Again
The Story So Far - Proper Dose

【来年の活躍に期待したい若手バンド1組】
CODE AXE

【2019年の野望】
2018年は思うように活動ができず我慢の年でした。2019年はフルアルバムを製作して全国ツアーと海外ツアーをしたいと考えています。世界に"LASTEND"の存在を示していけるような活動をしていこうと思います。


Hiroki Hattori (NEUTRAL)
http://www.neutralrock.com/
neutralbass1977@yahoo.co.jp

【今年良かったアルバム (又はEP) ベスト5】
01 : SYMPHONY OF DISTRUCTION - Horse
02 : SUN-0-BATHERS - Local Warming
03 : MEXICAN AGE - Para México
04 : NO FUN AT ALL - Grit
05 : SAVES THE DAY - 9
今年リリース縛りだとこの5枚しかハマってない(^_^;)

【来年の活躍に期待したい若手バンド1組】
GET OVER (山梨・2018年結成)
ex,NEUTRAL、ex,SHAMESメンバーからなるバンド。
両方のバンドをブレンドさせたメロディックパンクでとても良い。
しかしHPもメンバー個人のSNSも無いので情報入手が困難。

【2019年の野望】
NEUTRAL Newアルバムをリリースする。
リリースツアーやる。
LAGWAGONと対バンする。


鴨下 啓一(NEUTRAL/Gt)
https://neutraljp.bandcamp.com/
k1yramidthing@gmail.com

【今年良かったアルバム (又はEP) ベスト5】
01 : Mexican Age - ParaMexico
02 : Sun-O-Bathers - Local Warming
03 : Climb The Mind & Discharming man - split 7"
04 : Feed The Cat - Never Press Rewind, Except
05 : BeerBong - Future Behind Us

【来年の活躍に期待したい若手バンド1組】
Get Over (試聴なんにもないです、すみません)

【2019年の野望】
NEUTRALは2019年4月にアルバムをリリースするので、色んな所でライブをして色んな人に新しい楽曲を聴いてもらいたいですね。とても良いアルバムができたので!あとは色んなコネをフル活用してあわよくば海外フェスに出たいですね。Shamesのバーターとしてあわよくば。


ATSUxKICK (QUICKDEAD /  UNIONWAY)
quickdead.com

【今年良かったアルバム (又はEP) ベスト5】
01 : Slightly Stupid - Everyday Life,Everyday People
02 : Face to Face - Hold Fast
03 : NOT SO HARD WORK - HANG AROUND
04 : Mad Caddies - PUNK ROCK STEADY
05 : NO FUN AT ALL - GRIT

【来年の活躍に期待したい若手バンド1組】
NOT SO HARD WORK


【2019年の野望】
2018年に2枚のミニアルバムをリリースしてツアーを周りながら、USELESS IDやSTRUNG OUTとツアーを周ったりとバタバタした1年だったので、来年はそこで得たものをより自分たちにインプット出来たらと思います。

そしてRNRとUNIONWAYをもっと絡めていき、国内外問わず色々なバンドをミックスしていって新しいシーンみたいなものを少しずつでも作れたらなと思います。


かわんちゅ(Betrayer Death Penalty)
http://artist.aremond.net/bdp/
betrayerdeathpenalty.osaka@gmail.com

【今年良かったアルバム (又はEP) ベスト10】
01 : Between The Buried And Me - Automata l & ll
02 : PALM - To Live Is to Die, To Die Is to Live
03 : Rolo Tomassi - Time Will Die and Love Will Bury It
04 : Beyond Creation - Algorythm
05 : Bleed From Within- Era
06 : Bad Wolves - Disobey
07 : Killie - 犯罪者が犯した罪の再審始まる
08 : Dance Gavin Dance - Articifial Selection
09 : Vein - Errorzone
10 : Cult Leader - A Patient Man

【来年の活躍に期待したい若手バンド1組】
BANE (広島)

【2019年の野望】
バンドとしてはメンバーチェンジもありましたが国内外のどのバンドとも被らない独自の音楽性をより突き詰めていきたいです。

活動面としては2018年は海外アーティストのツアーサポートをメインに活動してきたので2019年はそれを活かして海外での活動展開をしたいです。


Shotaro Ono
(waterweed/ex-Before Me/Better Off Today)
http://waterweed.jp/

【今年良かったアルバム (又はEP) ベスト10】
01 : 劇場版ゴキゲン帝国 - スタンドアップ
02 : Mexican Age - Para Mexico
03 : Linebacker - Terminal
04 : noy - HARD CHIOCE BRINGS US THE PAIN
05 : PALM - TO LIVE IS TO DIE, TO DIE IS TO LIVE
06 : Saves The Day - 9
07 : Shook Ones - Body Feel
08 : Vein - Errorzone
09 : Red City Radio - SkyTigers
10 : Fiddlehead - Springtime and Blind

なんなら1〜5はもはや同率1位くらいの勢いです。

【来年の活躍に期待したい若手バンド1組】
TRUE FIGHT

【2019年の野望】
細マッチョになりたい。


Tsubasa Nakamura (初台WALL/REBLAZE)
初台WALL : http://wall-moonstep.com/wall/top.html
*tel/03-5351-6241(wall@m6.dion.ne.jp)

REBLAZE : twitter.com/REBLAZE_tokyo
*reblaze_t.c.r.c@icloud.com

【今年良かったアルバム (又はEP) ベスト10】
01 : Turnstile - Time&Space
02 : Slope - Losin’ Grip-EP
03 : Sheer Mag - Need to Feel Your Love
04 : MEXICAN AGE - Para Mexico
05 : Sick Of It All - Wake the Sleeping Dragon!
06 : Haredcore Anal Hydrogen - Hypercut
07 : ゆるふわギャング - Mars Ice House ll
08 : 5lack - 夢から覚め。
09 : vein - Errorzone
10 : Iron Reagan - Dark Days Ahead-EP

【来年の活躍に期待したい若手バンド1組】
Slope

【2019年の野望】
HIPHOPとHCの融合をより密接にしていきたい。
日本だろうが海外だろうが、カッコイイ音楽・活動をやっているバンド(アーティスト)をどんどんWALLに呼べるよう自分自身のバンドも活発に動きたいです。
あとRNRのドン・脇田君とおしゃれなカフェでランチする事が来年一番の目標ですね。





2018/12/23

絶対にチェックしておきたい! 2018年ブルータルデスメタル名曲選 (41曲)


【Top Brutal Death Metal Tracks 2018 - Playlist】

01 : Molested Divinity - Beyond the Gateways
02 : Syphilic - Execute & Elude
03 : ByoNoiseGenerator - 3/4CAVITYHYDROBLOWTANGO
04 : Fetal Decay - Blinded by Faith
05 : Cryptic Enslavement - Knuckle Ground
06 : Pyrexia - Unholy Requiem
07 : Deicide - Crawled from the Shadows
08 : MDMA - Methylenedioxymethamphe Murder
09 : Heteradelphy - Drowned In Ptomaine
10 : Encystment - Extracting Intestinal Junk

11 : Fleshgore - Lord of the Swine
12 : Lividity - Cumming with Labial Pulp
13 : Dissecting - Savage
14 : Menstrual Disconsumed - Chainsawed By Psychopath
15 : Osmed - Rhetoric of the Struggle
16 : Inhurious - DESPAIRING LIFES UNBIND BY AN ODIOUS SACRIFICE
17 : Cryptic Enslavement - Fists of Fury
18 : Storm Upon The Masses - Cyclonic Entity
19 : Cognitive - Omnicide
20 : MDMA - Thermodynamic Concentration/Blunt Force Reaction

21 : Inexorable Chaos - Cannibal Serial Killer (feat. Carlos Mejias)
22 : Aatheriexa - Black Mirror
23 : Diktatority - Total Destroyer
24 : Posthuman Abomination - Systematic Ecophagy
25 : Infectious Disease - INCREASING INFLAMMATORY DISEASE
26 : Brain Damage - Consuming The Entrails
27 : Deicide - Seal The Tomb Below
28 : Voracity - Shrunken Heads Vertigo
29 : Siderate - Carnivorous
30 : MACARONI - Definitions of Death (อย่างสาสม อย่างเจ็บปวด)

31 : Bodypile - Wrong Body Bag
32 : Sodomized - Gutbucket
33 : Carthage - On The Lake Of Trasimine
34 : Osmed - Warfare The Punishment
35 : Burning Flesh - Feeding Earthworm
36 : Sadistic Hallucinations - Divine Abandonment
37 : Human Excoriation - From Anguish We Rise
38 : Menstrual Disconsumed - Gorging Inhuman Waste
39 : ByoNoiseGenerator - N.O.D.Creeepingtrips
40 : Infuriate - JUGGERNAUT OF PESTILENCE
41 : Unbirth - Tumults of Collective Anguishes

*****
ベテランも若手もフラットな視点でこの1年間様々なタイプのブルータルデスメタルバンドをチェックし続けてきました。個人的には大きく3つに分けてブルータルデスメタルを聴きましたが、

⑴ : ブルータルデスメタル (ブラスティング/オールドスクール)
⑵ : スラミングブルータルデスメタル
⑶ : テクニカルデスメタル

このプレイリストでは⑴にある古き良きブルータルデスメタルがバンドサウンドの核になっている作品を中心にまとめていて、中には⑵や⑶に近いサウンドのものもあるが、言葉では言い表せない絶妙な境界線が自分の中にあって、何度も聴きこんだ上で分けています。ここまで細かく分ける必要はないかもしれませんが、これからブルータルデスメタルを聴いてみたいと思っている新しいリスナーの為に、それぞれの魅力を分かりやすくしています。正直なところ、聴けば聴くほど細かなジャンル分けは難しく感じる (様々な要素が影響し合っている事が分かってくるから) ところもありますが、あまり気にせず楽しんでもらえたら嬉しいです。自分の好きが分かれば、新しい音楽も掘り下げやすいです。

さて、⑴を1年間聴き通してきて、久しぶりにアルバムをリリースしたベテランから現状デモ音源しか出していないバンドもいました。特にさすがだなと感じたベテランをあげてみると、

Fetal Decay (1998年結成 - ロシア)
Fleshgore (2000年結成 - ウクライナ)
Lividity (1993年結成 - イリノイ/アメリカ)
Brain Damage (2000年結成 - インドネシア)
Pyrexia (1990年 - ニューヨーク)

中堅だとUnbirthやSyphilicもいつの間にか10年以上のキャリアがある。(共に2005年活動スタート) もちろん、アルバムリリースの間隔は他のジャンルに比べると長いが、これだけのテクニックを維持する為には日々楽器に向かい、レコーディング面での新しい知識も必要だ。Lividityは前作から9年のブランクがあったが、それを感じさせない素晴らしい作品を作り上げた。





個人的にはSyphilicがソングライティングにオリジナリティが出てきて (BPMが縦横無尽に変化し続けていくスタイルでこれだけグルーヴ出せてるのは珍しい)、多作だしきっと来年も何かしら新しい作品をリリースしてくれるだろうからとても注目している。個性でいえばロシア出身のBYONOISEGENERATORは"ブルデス+サックス"というこれまでありえなかったスタイルを打ち出し大きな話題となった。ブルータルデスメタル、特にファストで複雑怪奇な楽曲構成が特徴になっているバンドを聴いていると、アヴァンギャルドなフリージャズなどを思い起こす事がある。そういう意味でも、この融合は異質なものの混じり合いのように感じるが、両ジャンルのプレイスタイルには様々共通点があるだろうと感じる。その他、Injuriousはブラストビートでベルの音色を組み込んでいて面白かった。



PyrexiaやFlesh Consumedはブルデスリスナーの期待を超える作品とはならなかったが、Pyrexiaに至っては活動を続けてくれている事実だけでもいいと思う。Flesh ConsumedやLividityしかり。個人的には新しい作品に何か新しいものは求めない事にした。なので彼らの新譜に対して大きな失望感はない。


MDMAはやや落ち着いてしまったのが残念...ではあったが素晴らしい作品を作ったと思う。Molested DivinityやCognitive、Menstrual DisconsumedやCryptic Enslavementは既に日本でも知っている人は多いと思うが、それより若いバンドも素晴らしいバンドたくさんいるので是非いろいろチェックしてみて欲しい。プレイリストの中にはまだプロモ音源しか出していないバンドもいて、2019年にリリースされるだろうアルバムでその進化具合が楽しみ。

絶対にチェックしておきたい! 2018年テクニカルデスメタル名曲選 (37曲)

   
【Top Technical Death Metal Tracks 2018】

01 : Psycroptic - WE WERE THE KEEPERS
02 : Exocrine - Molten Giant
03 : Obscura - Emergent Evolution
04 : Cryptopsy - Sire of Sin
05 : Soreption - The Anti-Present
06 : Nails of Imposition - Surpassing Carbon Decay
07 : Skeletal Remains - Grotesque Creation
08 : Flesh Consumed - Eulogy Engraved by the Wicked
09 : Baalsebub - Scavanger​'​s Daughter
10 : Benighted - Teeth And Hatred

11 : Alukah Catharsis
12 : Symbiotic - Dismal Gallery
13 : Alterbeast - The Maggots Ascension
14 : Abysmal Torment - The Misanthrope
15 : Orifist - Hornless
16 : Gorod - Bekhten's Curse
17 : Shockwave Extinction - POSTHUMOUS FRAGMENTS
18 : Bloodshot Dawn - Survival Evolved
19 : Fecundation - Abolishment of Existence
20 : Soreption - A Mimic's Ignorance

21 : Alukah - Demagogue
22 : Spirit of Rebellion - An ocean of devoted Slaves
23 : Slugdge - Putrid Fairytale
24 : Nafrat - Purify Lest Decay
25 : Spirit of Rebellion - Undisclosed Doctrine
26 : Nails of Imposition - Contrived of the Spoliate
27 : Blade of Horus - Obliteration
28 : Benighted - Dogs Always Bite Harder Than Their Master
29 : Psycroptic - DIRECTIVE 
30 : Exocrine - Backdraft

31 : Alukah - Locusts
32 : Gorod - Goddess of Dirt
33 : Nafrat – Abnegation
34 : Bloodshot Dawn - Seared Earth
35 : Of Hatred Spawn - Severed Limb Convulsion
36 : Spirit of Rebellion - In line, we trust
37 : Nails of Imposition - Apathetic Dejection

******

今年最大の衝撃は、Deeds of Fleshのブレインであり、Unique Leader Recordsとしてブルータルデスメタル/テクニカルデスメタルシーンを牽引してきたErik Landmarkの死去のニュースだろう。近年はプログレッシヴなテクニカルデスメタル・ニューカマーを数多く輩出し、ブルータルデスメタルの新たな時代を切り開こうとしていた矢先 (Deeds of Fleshの新譜やErikの新しいプロジェクトのニュースもあった)の訃報に驚いた。別でErikの追悼ポストを執筆したので、彼について知らない人はDeeds of Fleshの名作を聴きながら読んでみて欲しい。追悼 Erik Lindmark (Deeds of Flesh / Unique Leader Records)


悲しんでばかりもいられないし、これでテクニカルデスメタルの未来が途絶えたわけでもない。今年リリースされた多くの作品をおさらいし、名曲をまとめてみた。Deeds of Flesh直系のサウンドを鳴らすExocrineやメタルコアレーベルとして有名なSumerian RecordsとサインしたSoreptionなど、ここ数年でめきめきと頭角を表してきたバンド達の活躍が目立った。AlterbeastやBloodshot Dawnなどはオーバーグラウンドメタルシーンにもアプローチ出来る美しさがあり、デスメタルリスナーのみならず大きな反響があった。



ベテラン勢も非常に素晴らしい作品を残してくれた。Psycropticのアルバムは様々なタイプのメタル情報サイトで、年間ベストに選出されているし、CryptopsyもEPではあったが強烈な作品をリリースした。(余談ではあるが未だに過去のCryptopsyを崇拝していて、現行Cryptopsyを認めないオールドリスナーがいる事が信じられない...。今のCryptopsy最高なのに、新しいリスナーがそういう意見を鵜呑みにしない事を祈る) 

個人的にGorodやAbysmal Torment、Benightedは過去最高傑作だったと感じた。Gorodはかなり変わったけど、それが良い方向へ進めばいいなと思う。Skeletal Remainsも良かったね。


新しいバンドだと、Nails of ImpositionはBrain Drill並の狂気を感じるウルトラテクニカルメタルでかなり感動した記憶がある。Baalsebubは熱心なメタルリスナーなら名前は知っていると思うが、メキメキと実力を身につけているので来年も活躍を期待したい。地味ではあるが、AlukahやNafratあたりも新旧問わず様々なメタルリスナーに受けるクオリティを持っている。


サウンドプロダクションを司るエンジニアの力というのも重要であるけれど、個性やテクニックで注目を集めやすいジャンルであるので、ニューカマーからベテランまで来年も新しい音楽をチェックするのが楽しみだ。

2018/12/19

2018年のポストハードコアを振り返る : "ソウルコア (Soulcore)"がラウドシーンを変えていく

*プレイリストを再生しながらポストを読んでみて下さい!
*左上からトラックリストが確認出来ます。


2000年代の終わりからポストハードコアやメタルコアが意味する音楽が変わり始め、スクリーモなどと呼ばれ、盛り上がった時期があった。今ではすっかりスクリーモとタグ付けされるバンドはいなくなったが、当時スクリーモと呼ばれたバンドは現在ではスタジアム級の人気を誇り、自身の音楽を変化させ続けている。(Of Mice & MenやAttack Attack!を経て結成されたBeartoothなど) 日本ではラウドと一括りにされてしまっている音楽を大きく分けると、メタルコア、デスコア、そしてポストハードコアがある。(この3つに収まりきらない個性的な音楽が日本にはあるが)

Hands Like Houses

RNR TOURSでは今年、ALAZKA (アラスカ) というドイツ出身のポストハードコアバンドを招集した。加えて2度目の来日となったSiamese (サイアミーズ) もOceans Ate Alaskaと共にジャパンツアーを行った。彼らはポストハードコアに分類される音楽をプレイしているが、現行ポストハードコアは、彼らを簡単にそうは呼ばせてくれない。

Siamese

今年、ポストハードコアにタグ付けされ発信された音楽をどう区別しながら聴くかを意識していた。この作業は毎日数千曲、ジャンルを横断すれば数万曲がインターネットの海にアップデートされている今の時代に、どのようにしてお気に入りの音楽を見つけることが出来るかを考えた時に、より細分化されたタグを楽曲に付けていく事が今後重要になることから、新しい音楽を発信する者として考えていることだ。

Sylar

私は現在、ポストハードコアとして発信されている音楽を4つに区分することにしてみた。ひとつは古き良き2000年代後半から新時代へ突入したポストハードコア、メロディックハードコアの疾走感をブレンドしたメロディック・ポストハードコア、従来のポストハードコアをクリーンボーカルに焦点を当てたポストハードコア/ボーカル(良い言葉を探し中)、そしてR&Bやソウル・ミュージックのメロディラインや手法を取り入れた"ソウルコア"

Don Broco

今回はまだシーンに浸透していないソウルコア (Soulcore) にタグ付け出来る音楽をプレイリストにまとめてみた。2018年のポストハードコアを振り返るという意味でも、2018年にリリースされた楽曲を中心にまとめ、それを匂わせるバンドも少しだけ組み込んだ。(ONE OK ROCKなど)。ソウルコアに区分することで自身が好きだったのはこれか! と妙に納得がいくリスナーも多いかもしれない。有名どころから新人まで、まんべんなくまとめてみたので是非最初から最後までチェックしてみてほしい。

【トラックリスト】
Don Broco - The Blues
Siamese - Animals
Sylar - No Way
Emarosa - Givin’ Up
ONE OK ROCK - Stand Out Fit In
Light Up The Sky - FAKE
Slaves - Back To The Roots
WHISPER OUT LOUD - Take It Back
Happy Hour - Night Vibe$
Hands Like Houses - Overthinking
One Shot Thrill - Stay
The Colour You - Set Me Free
Narrative - Vague Answers
Adam’s Sphere - I’ll Nature
SHREZZERS - E.M.O.J.I.Q.U.E.E.N.
The Bunny The Bear - Let Go
Dan Lancaster - Move a Mountain
One Eye Closed - Make Sure
Vigils - Spinning
Picturesque - Pray
Redhook - Minute On Fire
Execution Day - 1-800-273-8255 (Logic cover)

2018/12/18

2018年 : 下半期スラミングブルータルデスメタル総括 (アルバム編)

*上記プレイリストを視聴しながら、アルバムデビューを読んでください!

2018年の下半期にリリースされた様々なスラミング・ブルータルデスメタルアルバムの中から、必ず聴いて欲しいアルバムをピックアップしまとめてみました。上半期のリストはこちら (https://riffcult.blogspot.com/2018/11/2018.html)から、またEPやプロモ音源のまとめに関しては別途記事を執筆予定。

***

Country : ニューヨーク/アメリカ
4年振りのリリースとなった6枚目フルレングス。2017年にドラマーBillが消防の仕事中に事故に巻き込まれ死去、91年からのオリジナルドラマーを失ったバンドは深い悲しみに包まれながらも、Foaming at the Mouth、MucopusのドラマーだったKyleを迎え、本作のレコーディングに取り掛かった。現行ブルータルデスメタルシーンのスタンダードとも言えるスラミングスタイルの生みの親として、「これがスラムだ」と言わんばかりとハイセンスなスラムリフをグルーヴィに展開しながら、格の違いを見せつけてくれる。リードギタリストChrisの鳴らす悲しげなギターソロも聴きどころのひとつ。


Country : 台湾
アジアのブルデスシーンの人気者Larryが在籍するGorepotの7枚目フルレングス。Beyond CureやMaggot Colonyのメンバーを含む3ピース体制でレコーディングが行われた。様々な映画やアニメのセリフをふんだんに盛り込んだ打ち込みスラムは、彼らのファーストアルバム『Happy Hour』(Larryのソロプロジェクトとして活動していた当時)で目指していたものからぶれていない (クオリティには雲泥の差があるが) 。打ち込みメタル新世代として、スラムシーンの核弾頭としての存在を示した1枚。


Country : International (香港/台湾)

2016年に結成されたオンライン・スラミングブルータルデスメタルプロジェクト"Facelift Deformation"のファーストアルバム。メンバーはCryogenic DefilementのメンバーだったWilson、GorepotやMaggot Colonyなど数多くのブルデスプロジェクトを手掛けるLarry、そしてボーカルRandyの3人組。Facelift DeformationではLarryお得意のサンプリングなどは多様せず、ファストパートとスラムパートを巧みに繰り返しながら、グルーヴィなリフワークを組み込むスタイルを見せてくれる。歯切れの良いリフに思わずヘッドバングしてしまう良作。

Country : テキサス/アメリカ

昨年デビューアルバム『The Prophecy in the Entrails』をリリースしたDefleshed And Guttedのセカンドアルバム。Devour the UnbornのドラマーJosephとギタリストT.J.が在籍する事で知られ、Lord of Sick Recordingsからリリースされた。デスメタル本来のドロドロした残虐さを生々しくサウンドスケープにまとわせながら、ずっしりとヘヴィなスラムリフを刻み込んでいく。リズムセクションが個性的で抜けの良いスネアサウンドも彼らの特徴のひとつだ。派手な展開をしない、淡々とヘヴィネスを繰り広げるいぶし銀。

Country : 香港

2015年に20代前半のメンバーで結成、Vicious Instinct Recordsからデビューアルバムとなる本作を発表した。ハイピッチシャウトとガテラルが交差し続けるスラムサウンドはシン・ゴジラの世界観を彷彿とさせるアートワークのサウンドトラックにぴったりな世紀末感漂う地獄スラミングブルータルデスメタル。若干のチープさはあるものの、ファニー・スラム〜ゴアグラインド好きまでチェックしてほしい1枚。

Country : International (ラスベガス - アメリカ/香港)

2018年にLarry Wangが立ち上げた新たなプロジェクト。トラック制作はすべてLarryが行い、ボーカルはImplements of Hellに在籍し、過去にはPathologyでボーカルを担当していたClayton Meadeが担当している。Claytonの地を這うディープなガテラルにスポットを当てたシンプルな打ち込みスラム。イメージとしてはGorepotからサンプリングを取り除き、Facelift Deformationのグルーヴリフを搭載したスローテンポ主体のスラミングブルータルデスメタルとでも表現しようか。

Country : インド
2010年代初頭から活動しているインドのコヒマ出身Syphilectomyのデビューアルバム。コヒマはミャンマー、ブータン、バングラディシュの間にあるインドの中でも東南アジアよりのエリアだ。湿ったサウンドプロダクションはアートワークとリンクしていて、ブラスティングパートから鮮やかにスラムリフを打ち込むセンスの良さは、まさかインディアン・デスメタルとは思えないクオリティ。


Country : メキシコ

チリに同名のデスメタルバンドがいるが、こちらはメキシコ/レオン出身の5人組ブルデス。砂塵を巻き起こしながら疾走するダイナミックなブラスティング・ブルータルデスメタルからスラムパートへの移り変わりがハイセンス。プレイリストに収録されている「Acrorthosis」からもわかるように、シンフォニックなアレンジも施された個性派。

Country : バージニア/アメリカ
リッチモンド出身の5人組、Crucial Ripのデビューアルバム。これまでに2枚のEPをリリース、悪そうな見た目から繰り出されるビートダウン・ハードコア譲りの極悪リフをデスメタルに打ち込んだ野蛮さに溢れている。ミッドテンポ主体でヘヴィリフをビートダウンやブラストビートと交えながらスタイリッシュに展開していくアメリカン・スラムの新典型。

County : フランス

デスメタル史上初(?)、フランス出身のスラミングブルータルデスメタル/デスコアバンドのみで構成された8way Split (というかコンピレーション) 。一言にスラムといえど様々なタイプがあるが、このコンピレーションに収録されているGuttural Deepthroat、Scumbags、Wasteland、 Inseminate Degeneracyはこれからリリースされる単独作品も楽しみな出来。

Country : ノルウェー
2015年以来3年振りのフルアルバム。彼らにとって前作『Chronicles of Perversion』からの3年というのは長く、暗かった。シーンを牽引してきたFunderud兄弟のMartinが2017年に自殺、Matを除く全てのメンバーが入れ替わり、本作から4人の新メンバーが制作活動に参加している。かつてのKraaniumを期待して聴くファンには少々物足りない出来ではあるが、Matsが命をかけて再始動させたKraaniumへの情熱を感じるにはちょうどよいサウンドプロダクションなのかなとも思う。彼らの歴史や変化を感じながら聴いて欲しい1枚。

Country : ニュージャージー/アメリカ
2017年結成、先日解散を発表した彼らが残したラストアルバム。真っ赤なアートワークから漂う危険な香りそのまま、極悪ビートダウン連発のスラミングブルータルデスメタル。一聴の価値はあるだろう。

Country : ベネズエラ
2011年ベネズエラの都市、バレンシアにて結成。若干のB級感はいなめないものの、濁ったサウンドプロダクションが醸し出す血生臭さがグッド。ベネズエラというデスメタル未開の地を開拓したくなる期待のバンド。

Country : オーストラリア
オーストラリアはブリズベン出身、Cerebral Secretionのデビューアルバム。Amputated Vein Recordsに所属している事から耳の早いブルデスリスナーなら彼らの名前を聞いた事があるだろう。このバンドの特筆すべき点はふたつ、コアなデスメタルリスナーがトキめく鮮やかな配色のアートワーク、そしてもうひとつはブラスティングパートとスラムパートの絶妙なコントラストだ。この対比のバランス感覚という点においては、シーンで最もセンスがあると言い切れる。2018年のうちにチェックし、聴き込むべき1枚。

***

こうしてピックアップしてみると、スラミングブルータルデスメタルのトレンドは、アメリカ大陸にもヨーロッパにもない。オンラインを中心に世界中からハイセンスなプロジェクトが点在し、オンラインコミュニティでシーンを形成している。様々な国に思いを馳せながら日々シーンを追いかける面白さを感じて欲しい。




2018/12/16

2018年 : 下半期ポップパンク総括

【Major Pop Punk】
*タイトルをクリックするとフルアルバム視聴 (YouTube) に飛ぶ事が出来ます。


何と言ってもThe Story So Farが3年振りとなる4枚目フルレングス『Proper Doze』をリリースしたのが大きなハイライトだろう。ポップパンクシーンでの存在感はもちろん、彼らのルーツにもなっているハードコアシーンからの支持も厚いままだ。ファーストアルバム『Under Soil And Dirt』からPure Noise Recordsからアルバムリリースを続け、Pure Noise Recordsもシーンを牽引する存在として、ストイックな活躍を行っている。いつの時代もそうした関係がシーンを変え、支持されてきた。本作はミュージックビデオになっている「Upside Down」など、バンドがアルバムのリードトラックとして推している楽曲は、スローテンポ中心であるが、昨年から公開されていた「Out Of It」や「Let It Go」など、長年のファンにはたまらない楽曲もいくつか収録されている。次作でどんな作品を作っても、誰も彼らから離れる事はないだろう。

We The Kings

We The Kingsは2005年にデビュー、当時はエモ/ポップパンク・アイコンとして女性からの人気が高かったが、アルバムリリースを重ねるにつれてそのポップセンスに磨きをかけてきた。本作が6枚目のアルバム、意外な多作っぷりに驚かされるが、1枚として駄作はなく、音楽的な挑戦も見られる事に彼らのストイックさが見られる。本プレイリストに収録した「Even If It Kills Me」はThe Maineはもちろん、アメリカンロック好きならチェックしておきたいポップ曲。

We The Kings以降、2000年代後半のエモ/ポップパンクムーヴメントを継承するバンドはこれまでも数多く誕生してきた。その波を牽引してきたHopeless Records、Fearless Recordsをチェックしておけば、ある程度トレンドはつかめるだろう。With ConfidenceやStand Atlantic、WSTR辺りはサウンド面でのアップデートは少しあるものの、基本に忠実。WoesやSHADEDといったバンドも彼らと契約するのは秒読みだろう。

Real FriendsやTrash Boatはそれぞれ個性的なサウンドメイクを推し進め、ポップパンクファンへのアプローチではなく、自身のファンへのアプローチ。これはある程度人気がないと出来ないことだろうが、うまく転ぶ事を祈る。Trash BoatはUK出身で他のアメリカ出身バンドとは環境も違う事から生き残るために様々なアプローチが必要だ。

彼らの挑戦が後続の若手バンドに大きな影響を及ぼしていく。The Story So Farの存在感は特別であるが、State Champs、Neck Deep以降のバンド達もそれぞれに個性的。

+++

【Melodic Pop Punk】


未契約バンドの質もどんどん良くなってきて、大手ポップパンクレーベルに引けを取らないハイレベルのバンドが今年もたくさん登場した。中でも"Transit二世"とも呼ばれているBearingsがPure Noise Recordsと契約し、アルバム『Blue in the Dark』を発表した。その他にもYouth FountainやHomesafe、Wolf Cultureなどメロディックポップパンクでありながら、バンドとしての個性 (ヴィジュアルも含めて) もあり、掘り下げるのが非常に面白い状況にあると思う。本プレイリストをまとめた後にも、Homeboundのニューアルバム『More to me Than Misery』やCan't Swimの『This Too Won't Pass』を発表した。

【Heavy Pop Punk】


Abandoned By Bears待望のニューアルバム『Headstorm』をVictory Recordsからリリース。大規模なアメリカツアーを行うなど、スウェーデンを飛び出し、ポップパンク/メタルコアシーンでその知名度を拡大している。彼らのフォロワーは出てこない状況にあるが、Belmontはゴリゴリとしたリフを搭載したメロディックポップパンク/ハードコアスタイルで大躍進を遂げた。ミュージックビデオの視聴回数 (または視聴されるチャンスの多さ) が飛躍に大きく影響した。大手レーベルとは未契約ながら、未だイージーコアのタグ付けをされて発信するバンドがいて、Wimbledon AleyやWriting Ghostsは今後その動向をチェックしておきたいレベルであった。

2018/12/14

【年間ベスト】2018年印象的な楽曲を発表したデスコアバンド35選


2017年に『デスコアガイドブック』を執筆してからも、世界中からデスコアバンドが登場し、日々進化し続けている。執筆当時はダウンテンポデスコアがそれぞれに個性を追求し、クオリティ・アベレージもアップデートされ続けてきた。デスコア・トップバンドの第2世代とも言えるバンド達がヘッドライナーツアーを成功させたり、歴史を重ねるにつれてシーンの状況もめまぐるしく変化している。

SLAM WORLDWIDEChugcore PromotionsBeheading The Traitorなどのデスコア/ブルータルデスメタル/メタルコアYouTubeチャンネルを日常的にチェックしていても、すべての新しいバンドをチェックすることは難しくなってきた。ヘヴィミュージック自体、コアなリスナー向けに細分化され続けているし、それらチャンネルの知名度を利用しようとジャンルを横断した雑多なプロモーションが増えすぎてしまっているように感じている。近しいジャンルとしてメタルコアやブルータルデスメタルを追いかけていれば、お気に入りのレーベルを見つけることが良いバンドを探し当てる近道になるけれど、マネジメントやレコーディングも自身で行うことが多く、デスコアレーベルと呼べるレーベルがほぼほぼ存在しないシーンにとって、"デスコア"のみを追求するチャンネル、ウェブメディアの存在が必要な気がする。

音楽を制作する、視聴するのにかかる経済的なハードルがインターネットの普及により下がったことは、アンダーグラウンドシーンの底上げに繋がったことは間違いないけれど、リスナーは自分の好みを探し当てるまでに「検索」する能力が問われるようになってきた。この「検索」をする為に必要な知識を手に入れるには、やはりある程度ジャンルについての知識や、メタルにおいていえばそのサブジャンルを把握しておく必要がある。現在はそれが大きなハードルになってしまい、メジャーシーンとアンダーグラウンドシーンの架け橋になるような強力な音楽メディア/レーベルの存在が必要になってきている。

雑多にアップロードされ続けるハイクオリティな音楽達を整理し、タグ付けし、検索するのに必要な知識を減らしていく事が出来るのはこれまでブロガーと呼ばれてきた存在の人たちであると思う。これを書いている私自身もジャンルの細分化を的確に行う事により、ライトリスナーがもっと簡単に"グッとくる音楽"を見つける手助けが出来ればと思う。こうしたブログはマニアックな欲求を満たす事よりも、新しいリスナーが正しくシーンを理解し、音楽的に掘り下げる楽しみを知ってもらう為にあるべきだ。

長くなってしまったが、私が2018年様々な音楽メディアを通してチェックしてきた"デスコア"とタグ付けされた音楽 (または別のタグがついているものに"デスコア"のタグを付けて発信したいと思った音楽) の中から、フレッシュな若手や大きな飛躍を遂げたバンドを中心に35バンドピックアップしてみた。それぞれに出身地や"For Fans of"という項目を設け、エリア毎の特徴や、バンドが影響を受けた音楽を感覚的に把握しながら状況を捉えてもらえれば、より楽曲を楽しむ事が出来るはずだ。

まずはこのブログの先頭に掲載したプレイリストを別ウィンドウで開き、プレイリスト表示してそれぞれのバンドのインフォメーションをさらっていってもらえたらと思う。気に入ったバンドがあれば、様々なプラットフォームで配信されている彼らのEP/アルバムを聴いてみて欲しい。

Brand of Sacrifice
出身 : カナダ/トロント
For Fans of : Thy Art is Murder, Chelsea Grin, Born of Osiris
AscariasisとThe Afterimageのメンバーによって構成されているドラマティック・テクニカルデスコア。オリエンタルな音色をまとわせながら、軽快にテンポチェンジしていく。Unique Leader Recordsと契約を発表し、ミニアルバム『The Interstice』を発表した。

Cabal
出身 : デンマーク/コペンハーゲン
For Fans of : Thy Art is Murder, Whitechapel
SiameseのMirzaが運営するPrime Collective所属。このレーベルはUnseen Faith他、メロディアスなデスコアがいくつか在籍しているが、Cabalはポスト・Thy Art is Murderの名にふさわしいクオリティを誇るデスコア。アルバム『Mark of Rot』はダークなヴィジュアルも込みで2018年ベスト・デスコアアルバムTOP10は硬いでしょう。

Zeolite
出身 : オーストラリア/メルボルン
For Fans of : Filth, Boris The Blade
オージーデスコアの中でもまだまだ知名度の低い彼らではあるが、そのサウンドクオリティは一級品。同郷のBoris The Bladeに近いプレイスタイルでローカルな人気が急上昇中。これまでにChelsea GrinやArchspireのオープニングアクトを経験。

Weeping Wound
出身 : アメリカ/フロリダ
For Fans of : VCTMS, Sylar, Emmure
VCTMSのツアーに帯同するなど、ニューメタルコアシーンとの関わりも深く、シーンでの知名度も高い。スクラッチノイズをたっぷりと振り掛け、ダウンテンポ主体のニューデスコアと言っても面白いかもしれない。

Crown Magnetar
出身 : アメリカ/コロラド
For Fans of : Within Destruction, Signs Of The Swarm
本人達も自身のサウンドを"テクニカル・デスコア"と呼ぶように、楽曲のベースになっているのは間違いなくテクニカル・デスコアではあるが、ブラッケンド風味の疾走パートがあったり、スラミングブルータルデスメタルばりにヘヴィなギロチンリフをかましたりと相当レベルが高い。レベルが高すぎて玄人向け。

Echoes Of Misanthropy
出身 : ロシア/クルスク
For Fans of : Rings of Saturn, Brain Drill
Realityfade Recordsに所属する2012年結成の5人組。タッピングフレーズが蠅の如く蠢き回る慌ただしさの影に埋もれがちだが、同郷のSlaughter to Prevail並にディープがグロウルもレベルが高い。バタバタと複雑怪奇に展開し続ける楽曲はとっつきにくいものの、急転直下のビートダウンフレーズは奈落の底に突き落とされるような音体験が味わえる。コアなテクニカルデスメタル好きにもオススメしたいバンド。

Depraved
出身 : ニュージーランド/ウェリントン
For Fans of : Waking The Cadaver, Cattle Decapitation, The Acacia Strain
デスコアがポピュラーなオーストラリアに近いこともあり、ニュージーランドからも少しではあるが、ハイセンスなデスコアバンドが登場する。彼らはアルバムアートワークやサウンドプロダクションからオールドスクール・ブルータルデスメタル愛が漂ってくるが、ブルデスでモッシュしたいハードコアキッズをうならせるような極悪ビートダウンを炸裂させまくる暴力的な展開美を放つニューカマー。

Depress419
出身 : アメリカ/オハイオ
For Fans of : The Tony Danza Tapdance Extravaganza
バンドなのかソロプロジェクトなのか、アーティスト写真もなければ、メンバー構成も公表していない謎多きDepress419は、ギターのサウンドプロダクションのエグさだけでもただならぬ存在感を感じさせてくれる。彼らのビデオのコメント欄に「ダウンテンポ・マスコア」というような事が書かれていたが、The Tony Danza Tapdance Extravaganzaが好きならオススメしたいサウンドである事は間違いない。

Second Death
出身 : アメリカ/ジョージア
For Fans of : Distant, Born a New, The Acacia Strain, Oceano
ライブビデオを見ると分かりやすいが、ハードコア・ヴァイブス溢れるキャッチーな楽曲が多い。単調ではあるが、ダークだし巨漢ボーカルJoshuaのヘヴィなグロウルもイケてます。

Beaten Path
出身 : アメリカ/ラスベガス
For Fans of : Varials, Falsifier
バンドは自身のサウンドを"ヘヴィ・ハードコア"と呼ぶ。Kublai KhanやTraitorsとの共演も多く、ハードコアシーンでの認知度のほうが高そうだが、モッシーなデスコア好きはチェックしておいて損はないと思う。アートーワークはかなりメタル志向。

Our Anchored Hearts
出身 : オーストラリア/アーミデイル
For Fans of : Attila
ダウンチューンでゴリゴリしたリフが印象的な彼らは、おそらくメタルコアをプレイしているつもりだろうが、デスコアリスナーのツボをつくヘヴィ感や歯切れの良いリフワークがハイセンス。Deez NutsやGravemind、A Night In Texasらと共演しながらローカルな知名度を獲得中。

Errabyss
出身 : アメリカ/イリノイ
For Fans of : Aversions Crown, I, Valiance, Oceano
リンク : https://www.facebook.com/ERRABYSS/
緊張の糸が張り詰めるヘヴィ・デスコア。FilthやThe Machinistと共演しながら暴虐的なライブパフォーマンスでコアなデスコアリスナーから支持を得ている。ソリッドなギターリフと突き抜けるブラストビートを楽曲の軸にしながら、ダンサブルな展開を見せる。

Earth Eater
出身 : アメリカ/オレゴン
For Fans of : Shadow of Intent, Extortionist
リンク : https://www.facebook.com/eartheaterofficial/
メロディアスかつドラマティックなパートを組み込みながらも、ブラッケンドな疾走感も感じさせてくれるヘヴィメロディック・デスコアをプレイ。The FacelessやRings of Saturnはもちろん、FilthやVCTMSといったバンドとも共演している。All Shall Perishからの影響を公言しているのも頷ける「Black Widow」のアウトロのフレーズが良い。


Cut Short
出身 : イギリス/リバプール
For Fans of : Sworn In, Lotus Eater
リンク : https://www.facebook.com/CutShortUK/
彼らを初めて聴いた時、過去にRNR TOURSで招集したFathomsを思い出した。スタイリッシュなヴィジュアルにダークでゴリゴリとしたサウンドプロダクション。特にギターサウンドにはこだわりを感じる。デスコアバンドとして彼らを紹介するのはやや気が引けるが、こうした音像もまた、デスコアサウンドのさらなる拡大に大きな影響を及ぼすのかもしれない。Black Tongueがドゥーム・デスコアを開発したように、何か新しいスタイルを生み出すヒントがCut Shortのサウンドに感じる。


Âme Noire
出身 : オーストラリア/メルボルン
For Fans of : Epiphany From The Abyss
リンク : https://www.facebook.com/amenoireau/
自称"メランコリックデスメタル"。ただそのサウンドはブラッケンド・メロディックデスコアといったところだろう。凝ったギターワークが疾走、ドラマティックにテンポダウンしながらハイピッチシャウトにローガテラルを組み込む。またかなり若そうな見た目ではあるが、オールドスクールなテクニカルブルータルデスメタルを感じるフレーズもある。地味だが興味深い存在。


FRCTRD
出身 : フランス/パリ
For Fans of : Reflections, Structures
リンク : https://www.facebook.com/wearefrctrd/
モダン・デスコア、と自身のサウンドを形容しているが、RefrectionsやStructuresといった20代前半といった見た目の彼らにとってのモダンメタルを、より個性的なアプローチでアップデートさせたようなサウンドをプレイ。クリーンパートもかなりレベルが高いが、それ以上にソリッドなギターリフから急転直下のブレイクダウン〜叙情メロ炸裂という展開が濃い。もちろん良い意味で。

Divisive
出身 : アメリカ/テネシー
For Fans of : Black Tongue, Lorna Shore
リンク : https://www.facebook.com/DivisiveTN/
Lorna Shoreに代表されるようなシンフォニックブラックメタル・ヴァイブスをダウンテンポ・デスコアに上手く溶け込ませ、漆黒の世界観を演出している。Black Tongueの最新作に感じられるようなドゥーミーさも少しではあるが感じる (もともとダウンテンポ・デスコアにはそうした成分があり、Black Tongueが拡大させたとも言える)。まだまだローカルな存在ではあるが、今後が楽しみなバンドのひとつ。

Shrine of Malice
出身 : アメリカ/ネバダ & アメリカ/カリフォルニア
For Fans of : Infant Annihilator, Signs of the Swarm
2000年生まれの童顔ボーカルGregory Gilbert率いるShrine of Maliceは、デスコアシーンにおいて高い人気を誇るInfant AnnihilatorやSigns of the Swarmが好きならチェックしておくべきだろう。本人達がそのサウンドをブラッケンド・デスコアと形容している通りのサウンドではあるが、テクニカルなギターソロや凝ったシンバルワークも聴いていて面白い。もっと人気が出てもおかしくないバンド。

Hollowed Out
出身 : アメリカ/テキサス
For Fans of : Internal Bleeding
Eulogy Recordings所属の自称ヘヴィ・ハードコア。そう言われるとニュースクールハードコアの系譜にあるかと思うが、Internal Bleedingの流れであるようにも感じる。ハードコアリスナーだけの間で人気が出るべきではないと思うので、紹介させてもらった。

Scourge
出身 : ベルギー/アントウェルペン
For Fans of : Waking the Cadaver
リンク : https://www.facebook.com/scourgeworldwide
このバンドはかなりオススメ。若さ溢れる暴力的なサウンドプロダクションが映えるダンサブルな楽曲構成にかなりのセンスを感じる。かなり危ないモッシュでフロアがあれそう。写真をみた感じかなり若いし、まだ大規模ステージを経験していないだろうが、ベルギーからヨーロッパシーンを牽引するような存在になり得るかもしれない。

Aphzelia
出身 : ノルウェー/トロンハイム
For Fans of : Humanity's Last Breath, False Images
リンク : https://www.facebook.com/aphzelia/
サウンドスケープの広大さも評価出来るが、何と言ってもカオティックな展開美を見せるHumanity's Last BreathやFalse Imagesといったバンドサウンドの特徴である、"空っぽな音空間にはりつめる緊張感"を取り入れたスタイルが素晴らしい。もう少し洗練する必要があるが、大いに飛躍が期待できる。

Desolate
出身 : アメリカ/ニューヨーク
For Fans of : Suggestions
日本の漫画カルチャーに影響を受け、バンドのヴィジュアルイメージや楽曲タイトルにもそれらを反映させている。この流れはデスコアではなく、もっと深いインターネット音楽シーンのトレンドと言える。(Tumblrwaveと呼ばれたSeapunk以降Vaporwave周辺の音楽が持っているヴィジュアルイメージに近い) これは今のTrap MetalやAlternative Rap/Cloud Rapといったシーンに引き継がれているが、デスコアシーンでもSworn Inなどダウンテンポデスコアシーンで時折見られた。そのサウンドもダークでデプレッシヴなものが多く、それらの雰囲気が好きならチェックしておくべきだろう。

H I V E
出身 : アメリカ/シカゴ
For Fans of : Barrier, Fit For An Autopsy
リンク : https://www.facebook.com/HIVEMETAL/
このバンドは昔から割と好きで追いかけてきたけど、最近とても良い。Facebookには、"ダーク・アトモスフェリック・プログレッシヴメタル"とジャンル表記されているがあながち間違っていないかも。Fit For An Autopsyの世界観も持ち合わせているし、Djentあたり好きでチェックしてた人も耳馴染みがいいと思う。よりコアなメタルヘッズにこそしっかり評価してほしいと思えるバンド。

Ages Of Atrophy
出身 : イスラエル/テルアビヴ
For Fans of : All Shall Perish
Inherited Suffering Records所属ということで、ブルータルデスメタルシーンで評価されるべきバンドだと思うが、個人的にはAll Shall PerishやSuicide Silence周辺のクラシックに忠実でありながら、ヘヴィネスも追求したピュアな印象を持つ。イスラエルはUSELESS IDやNot On Tourなどメロディックパンクバンドが多くいるイメージがあるが、メタルもしっかり面白いバンドがいるのが知られて、もっと掘り下げてみたいと思った。

DOJ
出身 : フランス/ボルドー
For Fans of : BETRAYING THE MARTYRS
2008年結成、元々Dawn Of Justiceを名乗っていたが、その後改名した。実は私が運営しているRNR TOURSとも親交があり、2017年の11月に来日したBack Garden Lightというヘヴィ・ポップパンクバンドのレコーディングエンジニアを彼らが勤めていて、アートワークなども少し手伝っているらしい。DOJ改名後からは現行ポストハードコア/メタルコアにヴィジュアルもサウンドも接近していったが、独特のヘヴィネスがあるし、この記事に無理やり突っ込んでみた。

From Dismay
出身 : フランス/ペメナード
For Fans of : Aegaeon, Chelsea Grin
リンク : https://www.facebook.com/fromdismay/
シンフォニックデスコアと形容できるそのサウンドは、強烈なヘヴィネス、特にボーカルのガテラルが相当レベル高い。本プレイリストに収録した「The Descent」という楽曲の最後のブレイクダウンの破壊力は凄まじい。トータルでみてそこまで素晴らしいクオリティとは言えないかもしれないが、"シンフォニックかつヘヴィ"をキーワードにデスコアを掘り下げている人には刺さるはず。

Flesh Of The Lotus
出身 : アメリカ/ペンシルヴァニア
For Fans of : I Declare War, Feign, Lorna Shore
リンク : https://www.facebook.com/fleshofthelotus
デスメタル/メタルコアのドラマティックな展開美は、長尺の楽曲の中で目まぐるしく展開されていく。ガリガリとエッジの効いたベースサウンドが心地良いスラムパートが楽曲の肝となり、メロディアスなブラスティングフレーズからダークなギターソロまでこなす。ブラッケンドデスコアでもあり、スラミングデスコアでもある彼らは、どこかでそのブレンドを化学反応させられれば、飛び抜けた存在感を手にいれることが出来るだろう。

I Killed Everyone
出身 : アメリカ/イリノイ
For Fans of : Chelsea Grin
リンク : https://www.facebook.com/ikilledeveryone
結成10年目となった彼らもシーンでは重鎮の域だろう。そのピュアすぎるサウンドはシーンの中では地味かもしれないが、ディープなガテラルの存在感は異常なほどだ。プレイリストで聴くことができる楽曲「Dread」のブレイクダウンは今年聴いた中でも最高の破壊力を誇る。

As Karma Brings
出身 : ハンガリー/シャルゴータルヤーン
For Fans of : Chelsea Grin
リンク : https://www.facebook.com/AsKarmaBrings/
2010年代中期Chelsea Grin直系のサウンドスタイルには懐かしさを感じるが、ブレイクダウン導入前後のリズムフレーズは印象的だ。ハンガリーはしばしば良質なメタルコアやポップパンクバンドが登場するものの、シーンの状況はいまいちだ。自国を飛び出していくバンドが多いヨーロッパ小国のバンドとしては珍しく、自国を中心としたツアーを行っている彼ら。ハンガリーシーンの盛り上がりを牽引する存在へと成長してほしい。

The Witching Hour
出身 : アメリカ/フロリダ
For Fans of : Archspire, The Zenith Passage
テクニカルデスコアサウンドをプレイ、CarnifexやRings of Saturnと共演経験を持つ。細かいメロディの粒がドラマティックなシンフォニックサウンドに絡み合いながらソリッドなリフをきらびやかに演出。総合的に見ても面白い楽曲展開とアレンジで飽きることなく聴ける。アイデア次第で飛び抜けた存在になり得る可能性を秘めたバンド。

Insane Therapy
出身 : イタリア/ペスカーラ
For Fans of : Attila, Ingested
リンク : https://www.facebook.com/insanetherapy
ニューメタルコアを始め、ヒップホップの影響は毎年大きくなってきている。彼らの場合、最近のAttilaのような歌い回しというか、デスコアのダンサブルなフレーズを増幅させるようなガテラル/グロウルラップが上手くキマっている。地元ではCryptopsyと共演するなど注目度は高い。

Defiants
出身 : アメリカ/カリフォルニア
For Fans of : Oceano, Mental Cruelty
リンク : https://www.facebook.com/defiants408
Lorna ShoreのボーカルCJをフィーチャーしている事からも分かる通り、ディープなグロウル/ガテラルを多様する超重低音デスコア。シンプルながら、各パートの音作りへの拘りが見えるし、うまく一体になってDefiantsの個性となれば、大きな飛躍も有り得るだろう。

Cerebral Secretion
出身 : オーストラリア/ブリズベン
For Fans of : Rings of Saturn, Ingested
リンク : https://www.facebook.com/cerebralsecretionband
テクニカルスラミングデスコアというジャンルがいささかしっくりこないところが前々からあった。スラミングなのにテクニカル、同じデスメタルサウンドでも相反するところが多いが、Cerebral Secretionは見事に融合して見せた。ブラスティングパートとスラムパートをほぼ50/50の割合で展開させながら、終盤のブレイクダウンで最大限のパワーを発揮する感覚もピュアで良い。しっかり評価されるべきバンドのひとつだ。

Curbstomp The Predator
出身 : アメリカ/カリフォルニア
For Fans of : Whitechapel
リンク : https://www.facebook.com/CTPDeathcore
アルバムリリースは未定で、このプレイリストに収録されている楽曲はまだオフィシャルから3曲目に発表されたものである。(*執筆時) Joshua Croslinがミックス&マスタリングまでを全てひとりで行う完全独りデスコア。サウンドプロダクションは中の下といったところだが、目指すサウンドは非常に個性的でメランコリックなメロディと芳醇なホラーサンプリングをまとったオールドスクールデスコアといった雰囲気。アートワークのB級具合に惑わされないように。

Sunfall
出身 : イギリス/ギルフォード
For Fans of : Alpha Wolf, Carbine
リンク : https://www.facebook.com/SunfallUK/
本人達はこれでメタルコアだと思ってプレイしているらしいから今のイギリスはヘヴィだ。キャッチーなボーカルワークが印象的だが、モッシーな楽曲こそSunfallの魅力かもしれない。